前へ
次へ

不動産売買における仲介業者の役割

土地並びに建物といった不動産を売りたい時に、現実の上でどういった所からアクションを起こせば、良い結果が期待できるかなどどうしてよいかわからなくなる人もかなりいるのではないでしょうか。
以上のようなケースで、売主と買主を結びつけてくれるの、が仲介業者と言えます。
不動産仲介業者は、売買の成立に対しての手続きを売主や買主の代行として実務をおこないます。
査定からスタートし、依頼する者との間で媒介契約を締結して、広告などの手段により購入を希望している人などが現れるのを待機します。
希望者があらわれれば、値段交渉などを実行して売買契約を結んで、引渡しまでフォローアップを行ってくれます。
仲介業者ではかならずしも売買の意思が決まってない状態でも、無料査定にとどまらずサポートや助言をしてくれます。
購入や売却、賃貸借などといった仲介から、土地の効果的利用の助言や時と場合によっては金融機関の仲介なども行います。

Page Top