前へ
次へ

不動産売買で大手の会社を利用するデメリット

不動産売買で大手を利用する利点はやはりたくさんある情報量になります。
とくに購入を希望している人の情報をたくさん持ち合わせています。
中古物件を購入したい人は、さしあたって大手不動産会社に話を聞きに足を運びます。
大手のほうが物件をたくさん持っているからです。
購入を希望している人は、若年層ほど大手志向が確固です。
情報は大手に絶え間なく集結します。
そういった背景から原則として大手のほうが売買しやすいと言って賢明でしょう。
大手の留意すべき点として大手は営業員のノルマのハードなことから、営業員が両手仲介にこだわりを持っています。
両手仲介というのは、1つの会社の不動産会社が売主及び買主の双方の仲介を実施することです。
買い情報についても先だって数多く手中にしているため、どうにか自分の会社の手にしている情報の内でマッチングを図ろうと望みます。
購入を希望している人は、原則として物件を安い金額で手に入れたいため、両手仲介で、売主に値引を要求します。
大手は早々に売ることができることも考えられますが、両手仲介により、値引きを打診されるであることもあります。

Page Top