前へ
次へ

開業目的となる不動産売買

不動産売買でも最近は、「開業」目的の方からの相談が増加しているようです。
1坪から1000坪クラスまで、不動産会社の力量が図られるようです。
ですが、サラリーマンや早期定年退職者などは、小資本で始めたい考えのようで、1坪から10坪ほどの規模の不動産売買を希望します。
業態別に投資資金には目安があります。
新築より居抜き物件の売買が理想的ですし、投資金額も500万円ほどは確実に必要になるでしょう。
物件取得費は、賃貸同様に、保証金や敷金などがあります。
居抜き物件であれば、内外装もチェックしておきたいポイントです。
床や壁、天井は一戸建てでもチェックしておきたいものですが、ちなみに建てる際の外部建具工事では、電気・ガス・水道などの工事も始めますが、居抜き物件ではコンセントや電話、パソコン、テレビアンテナの端子の数や位置も忘れずにチェックしましょう。
売買し、引き渡し後の見落とし率が高いのがこのチェック項目です。

北九州の新築マンションを見てみよう
見学会を開催していますのでぜひお越しください

住宅ローン 横浜
借入事例をご紹介

ワンランク上の注文住宅を橿原でご提案
プレミアムのお家に住んでみませんか?

Page Top