前へ
次へ

マンションという不動産の売買

不動産を購入するときにはどのような住宅が良いのかというようなことからも考えた方が良いと言えるのでそちらの方から検討してみるというのも良いでしょう。
マンションなどを購入する場合にはどのような管理内容であるのかということも確認しておくことです。
特に中古マンションの売買ということになりますとマンションの耐用年数なども確認しておいた方が良いでしょう。
大よそではありますが50年から60年程度と言われていますがそれでも大規模な修繕を20年に一度くらいは行うというのが計画としては一般的になります。
また中古の場合は管理費とかの滞納などもないことを確認する必要性がある、といえるでしょう。
これがまずは大事な部分になります。
管理の主体として管理組合があることになりますから、そちらもどのような運用がされているのか、ということを確認するべきといえることになります。
その不動産の管理方式や管理規約のようなものも売買をする前に確認するべきことの一つです。

Page Top