前へ
次へ

スマートマンションという不動産売買

不動産においてスマートマンションの売買が話題性を高めています。
マンション版としてはまだまだ取り扱うデベロッパーは少ないようですが、今後、需要増となる噂も耳にします。
占有部の各戸には、マンション用(住宅用)エネルギー管理システムによるマンション内のエネルギーの流れを把握し、見える化されています。
エアコンやスマート家電などを制御する機能性マンションとして話題になっています。
共有部には太陽光発電パネル、EV充電器などの創エネ、蓄エネ機器を設置しているようです。
今や、30代のお一人様の女性でこそ、マンションの一室を購入することは珍しくない時代です。
しかし、管理費や修繕費など、積立金を支払うことを考えれば、少しでも節約したり得をしたい考えは持っているはずです。
占有部にこだわるだけでなく、マンションの売買ではプレステージが求められていて、ロビーも煌びやかです。
そうしたロビーの空調や照明などの自動制御も行ってくれるようです。
戸建て住宅では、個人が電力会社と契約しなければなりませんが、売買高となるスマートマンションでは、割安な高圧電力をマンションで一括受電するから、手間要らずです。
管理組合、不動産業となるデベロッパーなどが手掛けるだけあって、補助金により一室の価格も手が出ないほどではありません。

Page Top